日本(20-1215)–宇宙協力協定TIAS条約事務局2020年12月15日

2020年12月15日エクセレンス、本日の日付に関するエクセレンスノートの受領を認めることを光栄に思います。「日米間の相互防衛支援協定に言及することを光栄に思います。 1954年3月B日に東京で開催された(以下「MDA協定」という)。これは、とりわけ、経済の安定は国際の平和と安全に不可欠であるという原則に一致して、各政府が他の政府に利用可能になることを規定している。そのような機器、材料、サービス、またはそのような支援を提供する政府が許可するその他の支援は、それらの間で行われる可能性のある詳細な取り決めに従って、さらに、2つの政府間の継続的な相互に有益な関係に言及することを光栄に思います。平和的な宇宙探査と宇宙利用の分野、そして2015年4月27日に発表された日米防衛協力ガイドラインを想起すること。 2つの政府は、宇宙システムに対する新たな脅威に対処するための情報を共有し、海事領域の認識と、相乗り車両を含む宇宙システムの機能と弾力性を強化する宇宙関連の機器と技術における協力の機会を追求します。 、日本政府とアメリカ合衆国政府の代表は、相乗り車両に関する両政府間の協力(以下、「協力」という)に関して、上記のような詳細な取り決めを行うことを目的として、最近協議を行った。 “)。上記の議論の結果に関する日本政府の理解は次のとおりです。元木敏光閣僚、東京外務大臣。外交ノート

Japan (20-1215) – Space Cooperation Agreement – United States Department of State https://www.state.gov/japan-20-1215/#.YPJVBW8U36E.twitter

Leave a Comment

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s